新しい貸金業法のポイント

出資法の上限金利と利息制限法の上限金利とグレーゾーン金利の関係図

グレーゾーン金利の撤廃

法律上の上限金利が、29.2%から、借入金額に応じて15~20%に引き下げられます。

法律上の上限金利には、

  1. 利息制限法の上限金利(超過すると民事上無効):貸付額に応じ15%~20%
  2. 出資法の上限金利(超過すると刑事罰):改正前は29.2%

の2つがありました。

グレーゾーン金利の実際

これまで、貸金業者の場合、「出資法の上限金利」と「利息制限法の上限金利」の間の金利帯でも、一定の要件を満たすと、有効となっていました。
これが、いわゆる「グレーゾーン金利」です。

一方で、金利負担の軽減という考え方から、今回の改正によって「出資法の上限金利」が20%に引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃されました。
上限金利は借入れ額により利息制限法の15%~20%となります。

旧貸金業法と改正後の比較(グレーゾーン金利)

旧貸金業法と改正後の比較

新橋法務でさまざまなお金にかかわるお悩みを解決しませんか?

お金の悩み・トラブルは泣き寝入りしてあきらめることはありません!一人で悩まずご相談ください。

新橋法務では「多重債務問題」だけでなく、「敷金を取り戻したい」「給料を払ってもらえない」「セールスマンから強引に誘われ高額な買い物をしてしまった」などのお金にかかわる生活トラブル専用の相談受付ダイヤルをご用意しております。

お金にかかわる生活トラブル相談ダイヤル

03-3500-1303

【受付】月~土(祝日除く) 9:00~20:00

メールでのお問合わせはこちら

無料相談お申し込み

新橋駅より徒歩5分 アクセスマップ

お金のトラブル相談受付ダイヤル

お金にかかわる生活上のお悩み、解決しませんか?

新橋法務では「多重債務問題」「敷金を取り戻したい」「買い物のトラブル」「給料を支払ってくれない」などのお金にかかわる生活トラブル専用の相談予約受付ダイヤルをご用意しております。

【受付】月~土(祝日除く) 9:00~20:00 03-3500-1303

無料相談

新橋法務では、債務整理などのお金に関する問題の無料相談を受け付けております。

  • 無料相談お申込み

携帯サイトのご案内

携帯サイトへのアクセスはこちらのQRコードをご利用ください。

体験談「こうして借金を解決しました」